子供の毛孔性苔癬|幼児期から現れる毛孔性苔癬の原因と対処法



こどもの肌がブツブツしている。


それは毛孔性苔癬かもしれません。

これは毛穴に角質が詰まって起こるとてもよくある皮膚疾患のひとつです。


思春期に最も顕著で30代頃に消えると言われていますが治らない人もいます。

放っておいても問題はないのですが、やはりこどもにはキレイな肌でいて欲しいですよね。


かゆみはあまりないも言われますがかゆいこともありますから。

毛孔性苔癬は多くの治療方法があります。

しかし、トレチノインなどの強い薬を使う治療は幼児は避けたいですよね。


ですから、日常的にできる治療を紹介します。

まずは代謝、肌のターンオーバーをよくすること。食事を見直して改善しましょう。

また毛孔性苔癬は肌に水分が足りていないので、保湿してあげることも必要です。

そして、毛穴に角質が詰まることで起きるのですから、角質を取り除きます。

ピーリングなど、こどもに合わせて行ってください。

毛孔性苔癬の治療関してはコチラ

>>毛孔性苔癬の治療・脱毛ができるクリニック<<