市販薬でも毛孔性苔癬を治せるの?

毛孔性苔癬は毛穴に角質が詰まって起こるものです。ですから、市販薬を選ぶ際には角質を柔らかくする効果を持つ尿素の入ったものがおすすめです。

その中でもザラプロやニノキュアは「ざらつきに効く」として有名です。しかし、毛孔性苔癬には効かなかったという話もよく耳にします。これらの薬はどのように使うのが有効なのでしょうか。

まず、肌のターンオーバーに合わせて使うことが大切です。人の肌のターンオーバーは大体2週間なので、はじめはとにかく2週間続けることが大切になります。いくら効果のある薬でも続けなければ効果が薄まるのは当然ですよね。

また、紹介した市販薬は角質を柔らかくする効果をもっているものですので、薬を使用しつつ毛孔性苔癬のあるところを優しくスポンジで擦るのがおすすめです。あくまでも優しくですよ。

使い方に注意して市販薬での治療に挑戦してみてはいかがでしょうか。

※2015年はココカラファインなど一部の大手ドラッグストアで
「ミュゼプラチナム」おすすめとして、ニノキュアが販売されていました。